Testing
Testing two
Main | 松本武士によるワークショップ »
Sunday
May252014

玉川みなみによるワークショップ

内容:
(1)アナトミーによる呼吸の説明 ―横隔膜や筋肉と呼吸の関係性について―
(2)体ほぐし
(3)呼吸と心の観察(胸・あばら・おなか・そけいぶ)
(3)ペアになり、手のひらを合わせて動く(座ったまま・立って・動きながら)
(4)倒れそうになってから走る(前傾・横・後ろ)
(5)グループになり、視線があってから倒れて走る
(6)3・4人のグループになり、同じ動きをする
(7)円になって座り、小物を持って、自由に動きをつけながらパスをする(座ったまま)
(8)箱を持って、自由に動きながらパスをする(立って動きながら)

 

感想:
・アナトミーの説明により、身体内部を視覚化できたので、呼吸と身体の関係をイメージすることができた。
・もともと私たちがもっているリズムと自然のリズムを合わせることができて、とても気持がよかった。
・小物を持って動く際には「渡す時の責任、受け取る時の責任」があると感じた。どういう姿勢で待っているかということも大切。コミットしすぎてもしなさすぎてもダメ。
・呼吸の自然な流れによって動く際に、身体に任せようと思った瞬間に身体の限界を感じて動けなくなってしまう瞬間を認識した。
・空間の中に「自然の流れ」が存在していることを感じ、その流れに乗ってしまうと楽で心地がよかった。
・海や山のような大自然のなかでこのワークをしてみたいと思った。
・自然のリズムにのるだけでなく、意図した動きをすることによって、人間ならではのクリエイティビティを体感するという二つの異なるレベルのものを体験できた。
・現代社会の刻まれた時間と太陽や月の運行による自然の時間を認識した。

Reader Comments

There are no comments for this journal entry. To create a new comment, use the form below.

PostPost a New Comment

Enter your information below to add a new comment.

My response is on my own website »
Author Email (optional):
Author URL (optional):
Post:
 
Some HTML allowed: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>